2020年12月29日

神隠し

「山の人生」柳田國男 (柳田國男コレクション)
  角川ソフィア文庫 2013年

「神隠しに遭いやすき気質あるかと思うこと」p38〜
 「変態心理の中村古峡君なども、かつて奥州七戸辺の実例について、調査をせられたことがあった。神に隠されるような子供には、何かその前から他の児童と、ややちがった気質があるか否か。これが将来の興味ある問題であるが、私はあると思っている。そうして私自身なども、隠されやすい方の子供であったかと考える。ただし幸いにしてもう無事に年を取ってしまって、そういう心配は完全になくなった。
 私の村は県道に沿うた町並みで、山も近くにあるほんの丘陵であったが、西に川筋が通って奥在所は深く、やはりグヒンサン*の話の多い地方であった。私は耳が早くて怖い噂を沢山に記憶している児童であった。七つの歳であったが、筋向いの家に湯に招かれて、秋の夜の八時過ぎ、母より一足先にその家の戸口を出ると、不意に頰冠りした屈強な男が、横合いから出て来て私を引っ抱え、とっとと走る。怖ろしさの行き止まりで、声を立てるだけの力もなかった。それが私の門まで来ると、くぐり戸の脇に私をおろして、すぐに見えなくなったのである。もちろん近所の青年の悪戯で、後にはおおよそ心当たりも付いたが、その男は私の母が怒るのを恐れてか、断じて知らぬとどこまでも主張して、結局その事件は不可思議に終わった。宅ではとにかく大問題であった。多分私の眼の色がこの刺激のために、すっかり変わっていたからであろうと想像する。
 それからまた三、四年の後、母と弟二人と茸狩りに行ったことがある。遠くから常に見ている小山であったが、山の向こうの谷の暗い淋しい池があって、しばらくその岸へ下りて休んだ。夕日になってから再び茸をさがしながら、同じ山を越えて元登った方の山の口へ来たと思ったら、どんな風にあるいたものか、また同じ淋しい池の岸へ戻って来てしまったのである。その時も茫としたような気がしたが、えらい声で母親がどなるのでたちまち普通の心持ちになった。この時の私がもし一人であったら、恐らくはまた一つの神隠しの例を残したことと思っている。」
グヒンサン*:(大)天狗、人を化かす者。
----
少年期に、多少なりともそういうことに逢った経験があったような。
posted by Fukutake at 08:17| 日記