2019年11月08日

医者の心得

「医師は最善を尽くしているか Better: a surgeon’s notes on performance」 アトゥール・ガワンデ 原井宏明訳 みすず書房 2013年
(その1)

あとがき より
医学生への五つのアドバイス
p230〜
 「あるとき、医学生に講義をする機会があった。ある講義中に、この疑問の答えを探してみようと思い立った。医学生のためでもあり、私自身のためでもある。五つの答えを思いついた −− 価値のある違いをどうすれば生み出せるか、言い換えれば、どうすればポジティブな逸脱をできるか。それについて五つのアドバイスを考えたのである。

 最初のアドバイスは、私の好きなポール・オースターのエッセーから引いている。「筋書きにない質問をしなさい」。医師の仕事は見知らぬ人に話しかけることである。ならば、その見知らぬ人からいろいろ学んでもいいはずだ。
 表面的には簡単なことに見える。では、新患が今、来たことにしてみよう。他にも三人の患者が診察を待っていて、問診票は二ページ残っていて、もう遅い時間になっている。この瞬間、あなたは今手にしているものだけで先に進みたいと思う。痛みはどこか、腫瘤は、他にどんな問題が?どのくらい続いているのか? 何を使ってよくなったり、悪くなったりは? 過去の医学的問題は? だれでも知っている基本的問診である。
 しかし、どん時点でもいいから、患者と時間を共有することを考えてほしい。筋書きにない質問をしてみるのである。「出身はどこですか?」あるいは「どうしてボストンまで来たんですか?」さらには「昨夜のレッドソックスの試合は見ましたか?」深くて重要な質問はする必要はない、人としてのつながりを持てればいい。こんなつながりには興味がないという人もいる。そういう人はただ腫瘤を診て、自分の仕事をすればいい。
 しかし、たくさんの反応が返って来ることにも気がつくだろう。なぜなら、患者は礼儀を知っていたり、友好的だったり、あるいは人のつながりを求めていたりするかもしれない。そういうことが起こったなら、二文以上に会話が続くように努めるといい。話を聞くのだ。記録も取る。患者は右鼠蹊部ヘルニアの四六歳男性ではない。患者は四十六歳の元葬儀屋で、葬儀ビジネスを嫌っており、鼠蹊部にヘルニアがあるのだ。…」


---
患者も人間だ。

posted by Fukutake at 09:01| 日記