2018年10月12日

東京裁判の論拠

「共同研究 パル判決書(上)」 東京裁判研究会編 
  講談社学術文庫 1984年
(その1)

 268p〜

パル判事(インド)

 「…本法廷は一つの国際裁判所として設置されたものである。ここで意図されたところは、明白にこれが『司法裁判所』であることであり、『権力の表示』であってはならないのである。その意図は、われわれが法律による裁判所として行動しかつ国際法の下に行動することである。われわれは国際法の適切な諸法規を適用し、右の諸行為が、前述の宣言、協定、もしくは条例とは『別個』に、現行法のもとにおいて、はたして犯罪を構成するものであるか否かを判定することになっている。たとい右条例、協定、もしくは宣言において、これら(諸行為)を犯罪として揚げていても、それは現行法の下においては、これらが犯罪であるとみなす関係権威者の決定以外のなにものでもない。しかし本裁判所は独自の決定に到達せねばならない。右の諸機関の決定をもって本裁判所を拘束しようとは全然意図されたことはないのである。けだしもしそういう意図されていたのであれば、本裁判所は『司法裁判所』ではなくて、たんなる権力の表示のための道具となるであろう。
 勝者によって今日与えられた犯罪の定義に従っていわゆる裁判を行うことは敗戦者を即時殺戮した昔とわれわれの時代との間に横たわるところの数世紀にわたる文明を抹殺するものである。かようにして定められた法律に照らして行われる裁判は、復讐の欲望を満たすために、法律手続きを踏んでいるようなふりをするものにほかならない。それはいやしくも正義の観念とは全然合致しないものである。かような裁判を行うとすれば、本件において見るような裁判所の設立は、法律的事項というよりも、むしろ政治的事項、すなわち本質的には政治的な目的にたいして、右のようにして司法的外貌を冠せたものである、という感じを与えるかもしれないし、またそう解釈されても、それはきわめて当然である。儀式化された復讐のもたらすところのものは、たんに瞬時の満足にすぎないばかりでなく、窮極的には後悔をともなうことはほとんど必至である。しかし国際関係においては秩序と節度の再確立に実質的に寄与するものは、真の法律的手続による法の擁護以外にはありえないのである。」

-----
裁判所の基盤がまず崩された。
posted by Fukutake at 08:49| 日記