2018年08月29日

死ぬ間際の幸せ

「生きる意味への問い V.E.フランクルをめぐって」 山田 邦男 著
 佼成出版社 1999年 (その2)

253p〜

 「『いよいよお終いだ!』誰かが頭の上で言った。彼はこの言葉を聞いて、それを心の中で繰り返した。『もう死はおしまいだ』と彼は自分で自分に言い聞かした。『もう死はなくなったのだ』
 彼は息を吸い込んだが、それも途中で消えて、ぐっと身を伸ばしたかと思うと、そのまま死んでしまった。」(『イワン・イリッチの死』米川正夫訳)

 この人物についてフランクルは次のように述べている。
 「…この人間は彼の生命の最後の時間になお、自分自身を遥かに超えて成熟し、内的な偉大さに達するのであり、それは逆行的に彼の今迄の全生活をーそれが一見無駄のようなものであるにもかかわらずー或る意味に充ちたものにまで昂めるのである。生命はその究極の意味を…死の中にもうることができ…、生命は失敗においてすら充たされうるのである。」(『死と愛』)

 この人物は、その人生の最期の瞬間いおいて、かの「人生の意味につての問いの観点の転回」を成し遂げたと言うことができるであろう。それまでの彼の人生は、家族や職場の同僚などの周囲の人たちすべて自分の栄達のためという観点から見てきたが、最期の瞬間になって、そうした生き方が「すべて間違いかもしれない」と気づき、「これはこの人たちを苦しめている」と考えるようになる。そのきっかけとなったものは、意識が朦朧とする中で、「誰かが自分の手に接吻しているのを感じた」ことであった。その刹那、彼のそれまでの自己中心的なあり方が他者から破られたのである。そのとき、彼は子どもや妻になり、彼らの側から自分を見たのである。
 もっとも、彼は一挙にそういう考えに至ったのではなく、それまでの彼は痛みのためにのたうちまわって苦しみ、家人を憎み、また運命を恨んで自暴自棄になっていた。しかしそういう苦悩に耐えることによって、ついにかの転回、すなわち自分から世界を見るのではなく、世界から自分を見る、という転回がなされたのである。自己の死、つまり世界から生まれた自己がふたたび世界に還ろうとするとき、自己を放下して、自己を世界から受け取るという視点が切り開かれたのである。自己を放下したとき、そこにはもはや死はない。彼は「ああ、そうだったのか!」と叫ぶ。そして死の代わりに、そこにあるのは世界いっぱいの「光」である。彼はまた叫ぶ、「なんという喜びだろう!」と。

----

「自己を世界から受け取る!」
posted by Fukutake at 09:23| 日記

2018年08月23日

死はどこ?

「生きる意味への問い V.E.フランクルをめぐって」 山田 邦男 著
 佼成出版社 1999年 (その1)

 人生の意味と価値 252p〜

 「イワン・イリッチは、官界における栄達という「力の意思」の充足をひたすら追求してきたが、あるとき些細な事故がもとで不治の病にかかり、長い間の肉体的苦痛と「力への意志」の挫折のために、恐ろしい苦悶と絶望に陥る。
 
 『以前まったく不可能に思われたことが、今ふと彼の心に浮かんだのである。
つまり、今まで送ってきた生活が掟にはずれた間違ったものだという疑念が、真実かもしれないのである。社会で最高の位置を占めている人々が善とみなしていることに、反対してみようとするきわめて微かな心の動き、彼がいつもすぐに自分で追いのけ追いのけしていた、あるかなきかの微かな心の動き、− これこそ本当の生活なので、そのほかのものはすべて間違いかもしれない、こうした考えが彼の心に浮かんだのである。… それは…死ぬ二時間前のことであった。ちょうどその時、イワン・イリッチは穴の中に落ち込んで、一点の光明を認めた。そして、自分の生活は間違っていたものの、しかし、まだ取り返しはつく、という思想が啓示されたのである。…その時、誰かが自分の手を接吻しているのを感じた。彼は眼を見開き、わが子のほうを見やった。彼は可哀そうになってきた。妻がかたわらへ寄った。彼は妻を見あげた。妻は…絶望したような表情を浮かべながら、じっと夫を見つめていた。彼は可哀そうになってきた。『そうだ。おれはこの人たちを苦しめている。』と彼は考えた。…すると、とつぜんはっきりわかったー今まで彼を悩まして、彼の体から出て行こうとしなかったものが、一時にすっかり出て行くのであった。…妻子が可哀そうだ。彼らを苦しめないようにしなければならない。彼らをこの苦痛から救って、自分ものがれなければならない。『なんていい気持ちだ、そして、なんと造作もないことだ』と彼は考えた。…『ところで死は?どこにいるのだ?』古くから馴染みになっている死の恐怖を探したが、見つからなかった。いったいどこにいるのだ?死とはなんだ?恐怖はまるでなかった。なぜなら、死がなかったからである。
 死の代わりに光があった。『ああ、そうだったのか!』彼は声をたてて言った。『なんという喜びだろう!』これらはすべて彼にとって、ほんの一瞬の出来事であったが、この一瞬の意味はもはや変わることがなかった。しかし、そばにいる人にとっては、彼の臨終の苦悶はなお二時間つづいた。…

(その2につづく)
----
死はない。
posted by Fukutake at 12:04| 日記

2018年08月20日

近代日本の功罪

「自跋集 – 東洋史学70年− 宮崎 市定 著 岩波書店 1996年
(その1)

アジア史  p300〜

 「私の著書(「アジア史概説」)が世間に抵抗なく受け入れられたことは、それが世間の要求に応じた点があったのを物語ると言ってよい。…(また)日本国の実力が向上し、広くアジア各地域との関係が親密になってくると、欧州中心の編集方針では日本人にとって次第に不満を感ぜられるようになってきたのである。これは実際にアジア各地を商用、或いは遊覧の為に旅行して帰った人から実際に聞かされた賛辞である。
 次には大戦によるアジア地図の全面的な書き換えがある。大戦前のアジアは殆どが総ての地域が欧米の植民地乃至は半植民地であった。それが大戦により、一夜にして各地の住民が争って独立を恢復し、夫々の独立国を造り上げた。新しい国名、国境は年鑑類を披げれば一目で分かるが、さてそれ以前の状態、変遷の経過等はやはり歴史書を待たなければならない。『アジア史概説』はある程度までこの需要に応えることができるであろう。
 それにしてもこの大変革の原動力は、突きつめれば日本にあり、この点で日本は実に偉大な事業を成し遂げたものである。近代文明の実力を以って構築された堅固な植民帝国が一夜にして跡かたなく消え去ったのである。世には今世紀の最大の変革として、ロシア共産革命を挙げる人があるが、今日になっては一部の頑迷な共産主義者を除き、こんな評価は最早や通用しない。一方日本はこのような大事業を完成しながら、戦後日本軍部の復活を懸念してか、適当な評価を下されていない。併し既に終戦直後のような心配が払拭された今日、歴史事実に基づいて正当な判断を下すべき時期が来たのではあるまいか。

 この大戦そのものについてのみならず、明治以降のいわゆる日本の軍閥の功罪についても、従来は必ずしも正しく清算されたとは言い難い。最近になって顕著になったNIES現象についても、世間通用の安易な説明とは異なった解釈が下せるのではあるまいか。朝鮮半島の運命について、日本を罪する議論ばかり目につくが、当時の世界実情に照して、列強の侵略意力の前に、力の空白は許されない。朝鮮が独立を失ったのは失った方にも責任があるのではないか。何故に日本のように新文明を吸収して自強の途を探さなかったか。実は、日本がそれを熱望したにも拘らず、朝鮮がそれに応ぜず、ひたすら清国に追随する旧路線に執着したのである。」

---
鉄論ここにあり。
posted by Fukutake at 11:18| 日記