2018年06月04日

おっと危ない!

「史記を語る」 宮崎 市定 著 岩波文庫 1996年

 世家

123p〜

中央集権と封建制
 「高祖が項羽と戦って食うか食われるかの死闘を繰り返すが、いつも旗色がよくない。苦慮して高祖は説客の酈食其(れきいき)に策略を問うと、食其が
答えて言う。
  天子の力で滅びた国の後を嗣がせ、その領土を復活してやることは、大へん功徳になることです。暴虐な秦は六国を滅ぼして、其の地を皆中央の直轄地にしたため、人望を失い、民心が離叛しました。今もし陛下が後裔を探し出して封建し、旧領を復活させてやりましたならば、地方の人民は陛下の恩徳に感じ、死力を尽くして陛下のために働きましょう。さすれば楚は孤立して勢いを失い、陛下の軍門に降るよりほかないでしょう。

 高祖はこの提案をひどく気に入り、急いで六国のそれぞれの王の印を彫らせ、酈食其にその印を持たせて出発させようとした。そこへ入ってきたのが張良である。張良はこの計画を聞くとびっくり仰天した。

   そんな事をなされては万事が打ち毀しです。封建は古代の聖王が実施したことですが、いったい陛下は殷の湯王になれますか。周の武王になれますか。なれないでしょう。それに今、各地方出身の有為の士が陛下の許に集まって犬馬の労に服している、その本心はと言えば、身分相応の手柄を立てて、陛下の大業成就の暁には、せめて一城の主にでも取り立てていただきたいという心願があるからです。ところで今もし六国の後裔に旧領を復活しておやりなさい。彼らは皆な出身地の王たちの許へ鞍替えして行きましょう。陛下はその時誰を手助けにして天下を取ろうとなさいますか。只今の計画に従いましたならば、これまでの苦労は水の泡になってしまいます。

 この張良の諌めを聞いた高祖は、口に入れていた食物を吐き出して、怒鳴った。

   あの腐れ儒者め。乃公(わし)の仕事をすんでのことで滅茶滅茶にする所だった。

高祖は即座に命令して、彫りかけていた印を潰させた。頭の回転が早くて、先入観に捉われず、すぐに正しい判断が出来るのが高祖の特徴であった。
 この時の張良の意見が正鵠を射たものであったことは、後世になって確かな証人が現れたのも面白い。五胡十六国時代の初期に覇を称えた後趙の石勒は、当世随一の豪傑であった。胡人であったから、中国語は分かるが漢字が読めない。そこで侍臣に命じて中国の史書を読ませてはそれを聞いて心得した。ちょうど書を読んで、酈食其が高祖に策を献じ、六国の後を立てようという段になって、石勒は机を叩いて叫んだ。

  危ない、危ない。これでは高祖は天下を取れないぞ。

しかし次に張良が現れて、この計画が頓挫してしまう段になると、胸を撫でおろして言った。

 そうだ。そうこなくてはならぬ所だ。

優れた政治家は、同時に優れた歴史家でもあったわけだ。

-----
英雄、英雄を知る。
posted by Fukutake at 12:44| 日記