2018年04月16日

知恵は教えられないか

「人間であること」 田中美知太郎 文藝春秋 昭和五十九年(1984)

「科学と技術」より 187P~

 「…われわれは自分の利益のためにいろんなことを日常考えています。われわれの言ったり行動したりすることは、大部分はよく考えてみると、自分の利益のためにやっているという解釈を許す面がたくさんあります。けれども、自分は自分のためだと思ってやったり計算なりが、後になって本当に自分のためになったかどうかというと、これは大へん難しいようですね。たいがいの人は、みなお金を儲けたいと思って、一生懸命日夜苦心しているかもしれないけれど、必ずしも儲からないですね。損をしたり、とんでもない結果になるわけです。非常に情熱的な愛国者があって、これはお国のためであると考えても、それが結果においてお国のためになったかどうか、非常に疑問になることがありますね。
 プラトンが書いた『国家』という書物のはじめのところに、法律とか、正義とかいうものは、その社会社会における支配的な勢力、いわゆる支配階級が、自分の利益のために作るものである、制定するものである。正義というものは要するに支配者に対する奉仕であって、自分が行ったら損なものであるという極端な議論が唱えられて、これに対するソクラテスに批判というのがあります。それは、何であるかというと、各国の支配者は、自分の利益なるものを果たして本当に知っているか、支配階級は果たして、自己の利益を本当に知っているか、その点となると、非常に誤った判断にもとづいて、自分の利益になると思い、ある法律を制定したところが、後になってみたら自分の得にはならないで損になっている、破滅になることすらも、ないとは限らない。そういう意味において、何が本当に自分のためになるかという判断は、まちがいがおおいのです。政治の歴史などというものは、ほとんど、失策の歴史であると言ってもいいくらいに、絶えずそういう失敗に満ちていると言わなければならない。利用するとか、ためになるとかいうところのその判断力において、われわれがまちがえない、少なくとも、安定した形で、そういう判断ができるような状況があれば、非常に結構なのですが、今日においては、それは保証されません。

 有名なギリシャのペリクレスとか、テミストクレスとかいう人たちは、優れた政治家でした。ペリクレスの如きは三十年にわたって、口やかましいアテナイの民衆をリードしたんですから、並大抵の人間ではないですね。そのかれが持っている、政治的才能、政治手腕といいますか、そういうものは、もしかれが自分の子孫に何か残したいものがあるとしたら、まず、第一にそれを残したかったろうと思います。ペリクレスである所以の政治的な識見というものを、残したいと思ったでしょう。しかし、かれは自分の子供に、算数とか音楽とかいろいろな教育を与えることができた。あるいはソフィストによって、高等教育を与えることができたが、自分の政治的に優越した指導者としての能力そのものは、子孫に伝えることはできなかった。」

------
知恵は教えられない。

posted by Fukutake at 12:22| 日記