2018年04月26日

「同じ」と「違う」

「遺言」 養老孟司 新潮新書 2017
 
「おわりに」より

181p~

  「…強いフェミニズムは、感覚で捉えられる男女の「違い」を無視し、なにがなんでも男女を「同じ」にしようとする。「病」というしかない。「同じにする」がどんどん強くなって、信仰の域に達する。「病」というしかない。それがアメリカの「リベラルという病」だ、ということになる。
 
 「同じにする」ことが間違っているのではない。ただし感覚は「違う」という。その二つが対立するのは、そう「見える」だけで、そこには段差があるのだから、両者を並べることはできない。まずそのこと自体を「意識」したらどうですか。それがいわば私の拙い提案である。

 さすがに「違い」を無視することは完全にはできない。だから、「同じにする」論者も単純に「正しい」とは言えず、ポリティカル・コレクトネスなどという言葉を創らなければならなくなる。トランプを代表とする側が、その無理を指摘する。そんな無理をしなくたって、意識は「同じ」だといい、感覚は「違う」という。その両者を矛盾として抱えているのは、あなた自身ですよ。それを素直に認めたらどうですか。私はそう言いたいだけである。

 それはじつは矛盾ではない。右に述べたように、両者は「階層が違う」からである。ただしそこで意識、つまり「同じ」が上だとするのが、階層的にものを考える時の問題である。より抽象化されたものが「上」だとすれば、「同じ」が上になる。学者が議論すれば、ひとりでにそうなる。なぜなら学者とは「より抽象的」に考えるものだからである。だから神学の世界から自然科学が発生した。中世の神学が、抽象としていわば行き過ぎたから、近代の自然科学がそれを是正することになった。その意味で自然科学は、「感覚の復権」だが、科学者自身がいまや階層的な世界に取り込まれてしまったから、実験は感覚の復権だなどとは到底言えなくなった。いまでは実験室そのものが「意識の世界」に
変わってしまった。だからマンガに描かれる科学の実験室は同じようなビーカーを並べて白衣を着た人がいて、どれも「同じ」に見える。私の議論がややこしいのではない。実状がややこしいのである。」

---
感覚と意識!
posted by Fukutake at 13:16| 日記

2018年04月23日

人は裏切る

「君主論」 マキャベリ  池田 廉(訳) 中公文庫 昭和50年

 残忍さと憐れみぶかさについて
p92〜

 「(君主は)愛されるのと恐れられるのとはどちらがよいかということである。だれしも両方をかねそなえていることが望ましいと答えるであろう。だが、この二つを同時に具備することはむずかしい。したがって、かりにそのどちらかを捨てて考えなければならないとすれば、愛されるより恐れられるほうがはるかに安全である。というのは、人間については一般に次のことがいえるからである。そもそも人間は、恩知らずで、むら気で、偽善者で、厚かましく、身の危険は避けようとし。物欲には目のないものである、と。
 
 そこで、あなたが恩を施しているあいだは、みなあなたの意のままであり、血も、家財も、生命も、子息すらあなたに捧げてくれる。といっても、これは前に述べたとおり、そういう必要性がまだずっと先のばあいのことである。そして、必要性が迫ってくると、彼らは反抗する。したがって、彼らの口約束に全面的に頼ってしまっていた君主は、ほかの諸準備をまったくおろそかにするため、滅びてしまう。けだかい精神や偉大さではなく、報酬で買いとった友情は、それだけの値打ちのもので、いつまでも価値があるわけではなく、すわというときに役だてることはできないのである。

 また、人間は恐れている者より、愛情を示してくれる者を容赦なく傷つけるのである。この理由は、がんらい人は邪悪であるから、たんに恩義の絆でつながれている愛情などは、自分の利害がからむ機会が起きれば、すぐにでも断ち切ってしまうものだからである。だが、恐れている者に対しては、処刑の恐怖でしっかりと縛られているので、けっして見殺しにはできないのである。

 それにしても、君主は、たとえ愛されなくても、人から恨みを受けないようにして、恐れられる存在にならなければならない。つまり、恐れられることと、恨みを買わないこととは立派に両立しうるのである。これは、君主が自分の市民と領民の財産や、彼らの婦女子にさえ手を出さなければ、かならずできることである。また、流血の騒ぎをどうしても起こさなければならないときは、適当な口実としかるべき理由のもとでやるべきである。だが、人間は父親の殺されたのはじきに忘れてしまっても、自分の財産の損失はなかなか忘れないものであるから、特に他人の持ち物には手をださないようにしなくてはならない。…」


----
人間の本性!
posted by Fukutake at 12:09| 日記

2018年04月19日

神はなぜ必要か

「神話の力」 ジョーゼフ・キャンベル + ビル・モイヤーズ
 飛田 茂雄 訳 早川書房 1992年

第八章 永遠性の仮面 362p〜

  「モイヤーズ(インタヴュアー):さまざまな文化、文明、宗教の内側から外側から、多種多様な世界観が生まれてきました。先生はそういうたくさんの世界観を見てこられたわけですが、あらゆる文化社会には<われわれにはぜひ神が必要だ>という願いを産み出すような、共通の地盤があると思われますか。

 キャンベル:神秘体験を持ったことのある人はみな、自己の語感ではとらえられない宇宙の次元があることを知っています。『ウパニシャッド』のひとつに何度も出てくる言葉があります。「日没の、あるいは山の美しさの前で立ち止まり、『ああ』と嘆声を発する人は、神性のなかに入れる」そういう参入の瞬間は、存在の不思議さと純粋な美しさとの深い認識を伴います。自然の世界に生きている人は毎日そういう瞬間を経験できます。そういう人々は人間の次元よりもはるかに偉大なものがあること認識しています。しかし、人間にはそういう経験を擬人化し、自然のさまざまな力を人間の形に置き換えて表現したがる傾向がありますね。
 私たち西洋人の考えでは、神は宇宙のエネルギーと神秘の究極的な原因、ないし根源です。ところが、東洋の大方の思考によれば、また原始人の考えからしても、神々は究極的には超人間的なエネルギーの顕現または伝達者です。神が源泉なのではない。神はそのエネルギーを運ぶ者に過ぎない。そして、関係するあるいは伝達されるエネルギーの大きさや質というものが、その神の性格と役割を決定する。暴力の神々がいる、慈悲の神々がいる、見えざる世界と見える世界とを結びつける神々がいる、それに、戦争のとき国王や国を守護するだけの神々もいる。それらはみな、作用しているエネルギーの擬人化です。しかし、エネルギーの究極的な根源は謎のままです。」

----
posted by Fukutake at 14:23| 日記