2018年01月05日

ファストフードの裏の真実

「ファストフードが世界を食いつくす」(その1) エリック・シュローサー 
楡井 浩一=訳 草思社 2001年

 食肉業界の現実

 234p〜
 「… 解体場に入ると、光景はもはや理論の意味づけを待ってはくれない。日常とかみ合わない場面が、次から次へと現れるばかりだ。電動のこぎりを手にした従業員が、牛を縦に割っている。丸太を製材する要領だ。半身になった牛が高架レールからぶら下がり、わたしの鼻先をかすめて冷蔵庫へと向かう。がぜん食肉処理場らしくなってきた。数十頭分の牛が、皮を剥がれ、後ろ脚を鎖でくくられた格好でぶら下がっている。
 案内人が足を止めて、私(シュローサー)に気分はどうかときき、先に進むかどうかを打診した。人によっては、この辺で吐き気がするそうだ。私は平気だった。何もかも見て帰ろうと心に決めていた。なにしろ意図的に隠されてきた世界だ。解体場は蒸し暑かった。牛糞の臭いが漂う。牛は体温が三八度前後あるそうで、その胴体が部屋中にごろごろしている。ぶら下がった枝肉が高架レールをどんどん流れてくるので、流れを横目でにらみながら、身をかわし、足もとに気をつけていないと、ぶつかったら造作もなく、血まみれのコンクリートの床に投げ出されてしまう。従業員はしじゅう、そんな目に遭っている。
 こんな光景を見た。男が牛の腹に腕を突っ込んで、素手で腎臓をもぎ取り、金属製の荷滑らし(シュート)に投げ込む。これを何度も何度も、目の前に牛が流れてくるたびに繰り返す。ステンレス製のラックに、舌が掛かっている。<ウィザース(丸刃を回転させる小型の電動ナイフ)>が、胴と切り離された頭部から、肉を削ぎ落とす。いっさいをこそげ落とした頭部は、ジョージア・オキーフが描く白い頭蓋骨さながらだ。足首を浸す血だまりが、渦を巻いて排水溝へと流れ込み、床下の巨大なタンクに落ちていく。ラインの先頭に近づいてきたらしく、ここで初めて、規則正しい、ポン、ポン、ポンという牛を気絶させている音が聞こえてきた。
 このあたりにまでくると、頭上を行く牛は、いつも牧場で目にしている牛とどこといって変わらない。ただしここでは、逆さになって鉤にぶら下がっている。一瞬、目の前の眺めが、現実感を失う。何体も逆さ吊りの牛、牛、牛が、息ひとつせず……。ふと見ると、幾頭かが、なお後ろ脚を蹴っていた。最後の反射作用だ。ざらついた現実感がくっきりと立ち上がる。
 八時間半問うもの、刺し屋(スティッカー)と呼ばれる作業員は、ただ黙々と、潮のような血溜まりの中、全身から血を滴らせ、ほぼ10秒おきに、去勢牛の喉もとを切り裂き、頚動脈を絶つ動作を繰り返す。長いナイフを操って、間違いなく急所を探り、牛をせめて楽に成仏させてやらなければならない。彼は、何度となく、同じ急所を刺しつづける。」

---
屠殺場の光景。
posted by Fukutake at 11:18| 日記