2017年08月16日

目と耳とでは理解が異なる

「話せばわかる!」 養老孟司対談集(身体がものをいう)
  清流出版 2003年

論理の耳に羅列の目

140p〜

米原万里(ロシア語同時通訳者):…(モスクワ大学の日本語の堪能な学者が)『日本の学者は学者ではない』と。なぜなら「博学だが。知識が羅列になっている。学者の仕事は知識を自分なりに整理して、いまの世の中における混乱の原因を突きとめることだ」というのです。私は自分の経験から、なるほどと思った。日本の学者の発言は、言葉と言葉の関係性、緊密さが弱い。だから覚えにくくて、通訳がしにくいのです。客観性を、羅列と間違えているのではないでしょうか。

 養老:僕も長年、不思議に思ってきました。学問的であるとは、主観を避けることと思っている。しかし、取り上げていること自体も、選び方、並べ方から主観です。

 米原:ものごとすべてに対して等距離を保つというような話し方は、退屈で印象に残らないし、理解しにくいからとても通訳しにくいんです。

 養老:それが日常だと、聞かないという反応になる。僕の場合は、結局、必要がないからね。家で『聞いてないだろう』とよく言われるけれども、実は聞いていない(笑)。

 米原:それが、同時通訳者と翻訳者の決定的な違いなのです。翻訳者は情報が目から入ってくる。目はとても欲張りで、見たものすべてをとらえようとする。全部訳そうとする。無関係な情報がずらり並んでいても、目なら羅列でも許されるわけです。一方、耳はわからないことは聞こえてこないようになっている。聞こえてくるのかも知れないけれど、意識に達する時には淘汰されているから、わかる情報だけが通訳者の耳に入って訳されていく。訳した言葉は自ずと論理的になるのです。日本の学者は基本的に書いたものを読んで発表するために、羅列になりやすいのかもしれません。目で読んでとらえられるものは、あまり論理的でなくても済むのですね。

 養老:それが顕著なのは、生まれつき目が見えない子どもと生まれつき耳が聞こえない子どもの両方を比べてみた場合です。目は見えるけれども耳が聞こえない子どもが一番え理解しにくいのは、論理と疑問文なのです。耳は論理で、論理はひとつ一つわかりやすく説いていく必要がある。時間性がある。目は同時並行で時間性がない。それははっきりとした違いです。

---
目と耳の機能の違い!
posted by Fukutake at 14:15| 日記

2017年08月12日

「史記」の面白さ

「中国に学ぶ」 宮崎 市定  
 中公文庫 昭和六十一年


152P〜
 「私は『史記』を読むにも商売で読むから、つい批判的になって、読書三昧の無我の境地にははいれない。これは純粋な読書精神としてはむしろ邪道である。しかしさすがにこのくらいのすぐれた古典になると、著者及び著者を生んだ社会が把握した豊かな人生経験が書かれていて、二千余年経た今日でも、はっとさせられるような名文句に出会う。 
 春秋の末期、楚の伍子胥が平王に父兄を殺されて呉にのがれ、呉の兵を率いて楚を破り、平王の墓をあばいて屍を引き出し、むち打つこと三百にして怨みに報いたが、ある人がこれに対し、当時ことわざ引いて「人衆(おお)きときは、天に勝つ。天定まりて能く人に勝つ」と言った。私の脳裏に残っていて、最も頻繁に思い出されるのは『史記』のこの言葉である。
 これはもっとも短くつづめて言えば、無理は長続きはせぬ、という意味である。昨年、学園紛争のたけなわなるおり、私が数年前まで勤めていた京都大学にもゲバ学生の横行が見られた。教室を封鎖したり、教授をののしったり、百鬼夜行のありさまであった。その時も私はこの言葉を思い浮かべた。正に人多き時は天にも勝つのである。しかしこんな無理なことはいつまでも続くはずはない。私はそう言って元の同僚たちを励ました。そして心にもない妥協をしたりして、節操を曲げ給うなと忠告した。
 私自身の場合もそうである。学界という所も意外にきたないもので、多数をたのんで学問以外のことで悪口をいい、正しい学説を排撃するような言葉の暴力がしばしば行われる。しかし私は、学問上では多数決は真っ平ご免である。これも人多い時は天に勝つかも知れぬ。しかしやがて時間が正しい解決をつけてくれる。そう信じて妥協したりしない。
 愛書家として、読書家として『史記』を読むなら、このように効能を求めて利用するのも一法である。ただしそれを歴史として、史記を読むなら、かえって私がいつも商売として読んでいる邪道的な、あらさがし的な立場の方がむしろ正しいであろうことを最後に付け加えておきたい。」

「史記」(初出「信濃毎日新聞」昭和四十五年七月二二日)

posted by Fukutake at 16:37| 日記

2017年08月07日

ともかく雇用を最優先に!

「誤解だらけの構造改革」小野 善康 日本経済新聞社 2001年

いまやるべきことは何か
227P〜

 「結局、重要なのはお金ではなく人である。人びとはおカネこそ財産と思っているが、おカネはただの紙であってそれはなにも生み出せない。本当の富を生み出すものは人が持つ労働資源であり、人こそが日本の財産なのである。おカネは、単に人が働いて生み出す物への請求権の所在を明らかにするための約束事にすぎない。本当の財産である人の力を殺していては、何も生まれず、そのために国民が豊かになることはあり得ない。それなのに現在の構造改革は、おカネばかりに目を奪われて、本当の財産である労働資源を無駄にしようとしている。
 いま政府に求められるのは、切り捨て構造改革(*)から人材活用政策への転換である。

 ◯ 不況は宿題解決の好機

 景気がどうであろうと、日本にある労働資源が常に有効活用されていれば、国民は何も困らない。したがって、好況期には民間に経済活動をまかせ、不況が来たら政府が労働資源を活用すれば、雇用不安も生活不安もないのである。
 好況期には、民間も頑張るから政府は余計なことはせずに、社会的には何がやり残されているかをじっくり考え、リストアップしておく。たとえば、大量に発生するゴミの問題や温室ガス、エネルギー不足問題、高齢化問題などである。また、国債をすべて償還して財務状態をきれいにしておき、自分の出番が来るのを待つ。そうして、いざ不況になって民間の自律的活動水準が鈍ってきたら、積極的にそれらの宿題をすべて解決していけばいいのである。
 この原則さえ頭に入れておけば、不況は怖くない。それどころか、たまには不況が来てくれなければ、政府が好況期にやり残した宿題を本腰を入れて解決する機会が、なくなってしまうではないか。
 それなのに現実には、好況で廃棄物や温室ガスが多量に出るときになって、あわててその対策を講じる。また、道路が混んで大変だから東京を迂回する環状道路をもっと造らなければならないとか、東京の周辺地帯を結ぶ鉄道網が不足して困るとか言う。ところが不況になって、いざそれらを解決する段になると、それをする設備も人材も余っているのに、いくら使ってもなくならないおカネの倹約ばかりが気になって、そんな時代ではないとか、不要不急の社会資本整備は凍結すべきだとか言い出す。こうして、結局は何もできなくなるのである。
 もうこうした失敗の繰り返しは、いいかげんに卒業しようではないか。

---
クルーグマン先生の言いですね。
(*)小泉内閣時の構造改革政策を指す(筆者注)
posted by Fukutake at 08:46| 日記