2017年04月24日

社会参加儀式の必要性

「河合 隼雄  生と死の接点−心理療法コレクションV」
岩波現代文庫 2009年

境界例とリミナリティ(*) 258p〜

 「現代社会は、本来的な意味でのイニシエーション儀式を棄て去ってしまった。社会の構造は複雑になってはいるが、その構造は明確に意識的に把握され、その構造内での移動は本人の意識的努力によって可能であると一応考えられている。入学、就職、結婚、などのことや、地位が上がってゆくことなどは、特別に、人格の実存的変革などを体験せずとも、意識的努力によって成しとげられると考えられているし、ある程度、その通りである。しかし、実はその背後において、「自然発生的コムニタスの無数の瞬間」の存在が必要で利、それがうまく機能しない人が心理療法を受けに来る、と言うこともできる。
(中略)
 ターナー(*)はザンビアのンデンブ族の首長の任命式儀礼のリミナリティについて述べ、そこで首長に選ばれる者が徹底的にののしられることを示している。その儀式のときに、首長になるものは敷物の上に手荒に坐らされ、「静かにせよ!あなたはさもしい利己的な愚か者であり、気難しい人間である。あなたは自分の仲間を愛さずに、ただ怒ってばかりいる!さもしさと盗みとがあなたのすべてである!」と言う調子で頭を長々と完璧に罵倒される。このとき「首長に選ばれた者はこのあいだずっと、黙って頭を垂れて坐っていなければならない。この姿勢が“すべてを耐え忍ぶ形”であり、慎しみを表わす形であるということになる。クライアントに徹底的に罵倒されたことのある治療者は、それが自分が心理療法家として一人前になる、あるいは治療空間の首長になるための通過儀礼のひとつと思ってみることも意味があるのではなかろうか。
 治療者は境界例の人が課してくる困難な要求に、どう応えるかとか、それをどう抑えこむかとか直接的に反応するよりも、それがこれまで述べてきたような偉大なリミナリティへの希求の表現であると考え、その意味をいかにして把握し、共にリミナーズとして生きていくのかを真剣にまさぐる努力を払うべきである。」

(*)リミナリティ 【liminality】:人類学者ターナーの用語。日常生活の規範から逸脱し,境界状態にある人間の不確定な状況をさす言葉。道化・トリックスター・シャーマン・修行者などの位置・状況をさすのに用いる。(Weblioより)

(*)ターナー:V.W.Turner

--------
posted by Fukutake at 08:46| 日記

2017年04月17日

人間の限界

「生物学の内と外」養老孟司x池田清彦 対談 
『現代思想 2012 8月号』  vol.40-10より抜粋

59p〜

 養老「…学問をやるときに科学者が大前提にしているのは、「自分の外に客観的な世界があって、その秩序や法則を第三者として見ている」ということなんだけど。どこまでいってもやはり実際に見ているのは自分なんだよね。それは物理学に典型的に見られて、要するに観察者を消しているということなんだけど、しかしそうやって素粒子でやってきた結果がハイゼンベルグの不確定性原理だし、おそらくあそこでもう一度観測者が出てきてしまうってことでしょう。あそこまで行くと僕には、やはりああいったタイプの科学は行くところまでいってしまった感じがする。つまり、観測者側の脳の限度に来たということだから。「世界がそうなっているのだ」と考えることと、「こちらの脳の限界が来た」と考えることはある意味では同じことでしょう。そもそも人間は素粒子みたいなものを見るように進化してきていないんだもの。
 例えば『銃・病原菌・鉄』(草思社、2000年)で有名なジャレッド・ダイアモンドという生物学者はもともと極楽鳥の分類をやっていた。彼は専門知識をもってニューギニアの鳥を生物学的に分類し、現地に赴いたのだけれど、その結果何に一番驚いたかといえば、ニューギニアの原住民が、一種を除いてあとは彼と全く同じように分類して名前をつけていたことだったんだよね。ダイアモンドはこれが一体何を意味するのかについては言及していないし、ただそういった不思議で面白いことがあったとだけ書いている。でも実は、専門的な見地でもって分類した人と住民の分類が、結論として同じだったというこの事実は、自然に対する人間の目の認識能力の高さを示しているわけです。
 嘘だと思うかもしれないけれど、普通はきちんと計測したり遺伝子を調べることでやっと違いがわかると思うでしょう。でも、原住民でもわかるものはわかる。ムシの分類をするときにもよく言うことだけど、何かが一割違えば人間の目にはわかる。例えば縦横比が10:9だったりすると、これは正方形じゃないとぱっと判断できる。それで今度、正方形か長方形かよくわからない場合は丁寧に計ってみるのだけど、所詮見てわからないものは丁寧に計ったところで結局わからないのだと、僕は経験的に思っている。いくら計測の精度を上げてみてもやはりわからないんだよ。ということは、これは人間の見る目がやはり限界に来ているのだろう、と。でもそれってもう一度考えてみると、当たり前のことでもある。…」
posted by Fukutake at 08:22| 日記

2017年04月10日

細川ガラシャ

「フロイスの見た戦国日本」川崎桃太著 中公文庫 2006年

宣教師ルイス・フロイスの著書『日本史』より

 「彼女(細川忠興の妻 細川ガラシャ)の洗礼への望みは募るばかりであった。なんとか教会へ行く方法はないものか、そう思案した揚げ句、ある方法を思いついた。皮の駕籠のなかに身を潜め、網で塀越しに吊り下げてもらい、下で領民の百姓が籠を受け取り、背負って教会に運んでくれる、というものであった。一度決めたことは容易に変えない奥方であった。その激しい気性を知っている侍女たちが、必死でそうした無謀な企てを思い止まるように諌めた結果、その案は実行されずにすんだ。当時奥方の外出は、多くの危険が伴ったので、教会側では協議して、彼女の侍女でマリアの教名をもつキリシタンに、洗礼を授ける言葉と方法を教えたうえで、彼女の手によって自宅で奥方に洗礼を施すことにした。こうして奥方はよく準備を整え、平素身を隠していた部屋で、いつも祈りを捧げていた聖なる肖像の前にひざまずき、両手を合わせて、侍女マリアから洗礼の水を受けた。

 その後の彼女については、次のような最期が伝えられている。

 家康と三成との対立が激化した1600年(慶長五年)夏、三成は大阪の細川邸に使者を遣わして、奥方を事実上人質として差し出すよう要求した。夫忠興は家康について関東に出陣していた。ガラシアは自分の最後が近づいたことを知ると、自分の手によって命を絶つことはキリシタンとして許されなかったので、家臣に胸を突かせて壮絶な死を遂げた。同時に屋敷には火が放たれた。急報に接したオルガンチーノは、現場からガラシアの遺骨を持ち帰らせ、堺のキリシタン墓地に埋葬した。彼女は辞世の句を残している。

   散りぬべき時知りてこそ世の中の 花も花なれ人も人なれ

-------
posted by Fukutake at 14:14| 日記