2016年08月29日

今でしょ!

【ハーバード大学図書館に掲示してある言葉】(抜粋)FBより

今居眠りすれば、あなたは夢をみる。今学習すれば、あなたは夢が叶う。

物事に取りかかるべき一番早い時は、あなたが「遅かった」と感じた瞬間である。

今日やるほうが、明日やるよりも何倍も良い。

勉強の苦しみは一瞬のものだが、勉強しなかった苦しみは一生続く。

苦しみが避けられないのであれば、むしろそれを楽しめ。

人より早く起き、人より努力して、初めて成功の味を真に噛みしめる事ができる。

怠惰な人が成功する事は決してない、真に成功を収める者は徹底した自己管理と 忍耐力を備えた者である。
今この瞬間も相手は読書をして力を身につけている。

苦しんでこそはじめて進める。

ーーーー
受験生向けエールですね。
posted by Fukutake at 15:24| 日記

2016年08月22日

まだ無理かな

「徒然草」第七十五段(抄)

(原文)
「つれづれわぶる人は、いかなる心ならん。まぎるる方なく、ただひとりあるのみこそよけれ。
(中略)
未だ、まことの道を知らずとも、縁を離れて身を閑かにし、事にあずからずして心を安くせんこそ、しばらく楽しぶとも言ひつべけれ。「生活(しやうかつ)•人事(にんじ)•伎能(ぎのう)•学問等の諸縁を止めよ」とこそ、摩訶止観にも侍れ。」

(現代語訳)
 「つれづれ(することもない生活)の状態をわびしい、やりきれないと思う人は、いったいどんな心境なのだろうか。外部のことにとり紛れることなく、ただひとり暮らしている状態こそが、最高の境地なのだ。

まだ真実の悟りの道に達していないとしても、迷妄をひき起す諸縁をはなれて閑寂の境地に身を置き、諸事に関係をもつことなくして心を安静に保って、はじめて一時的にでも楽しむ境地と言ってよかろう。「生計を営むこと、人と交際すること、技芸を磨こうとすること、学問につとめること等の諸縁をとどめよ。」と、かの『摩訶止観』にも見えております。

ーーーーーーーーー
そういう心境に近づきたいです。
posted by Fukutake at 08:25| 日記

2016年08月15日

科学的であるとは?

「ファインマン語録」 ミッシェル•ファインマン編 大貫 昌子 訳
岩波書店 2016

(その2)

p244
 「人命も宇宙船もともに失うほどの大事故が起こる確率について、関係者の意見に格段の差がみられる。その見積もりには、およそ100分の1から10万分の1と大差があり、高い確率は実際の作業に従事する技術者たち、低いほうはNASAの幹部たちから出されたものである。これほどの違いの原因はいったい何なのか?その結果どんなことが起こりうるのか?10万分の1といえば、300年のあいだ連日シャトルを飛ばし続けても、事故が一回しか起きないということになる。とするとわれわれの問いはむしろ「この機械に関して幹部たちに、そんな夢のような確信を持たせた原因は何か?」とすべきなのかもしれない。」(1986年6具「チャレンジャー号」)

P247
 「この危険が、これまで大事故にいたらなかったことは、その危険の完全な理解抜きでは、次回もまた無事であることの保証にはならない。ロシアンルーレットでは、一発目に無事だったからといって、二発目も無事と安心してはいられまい。」(1986年)6月18日「パサデナ•スターニュース」)

p284
 「複雑な答えが必要になる単純な質問をするのは、必ず頭の悪い学生です。簡単な答えの出せる複雑な質問ができる訓練を積んできているのは、聡明な学生のみで、これはどんな教師でも知っていることです。(簡単に答えられる単純な質問があると思いこんでいるのは教師だけなのですが。)(1980年12月 マイケル•H•ハート教授宛の手紙)

p307
 「どんなに注意深く若者たち(1961年にはカルテクも男子しか受け入れませんでした)を選ぼうと、どんなに念入りに彼らを分析してみようと、ここへ入ってくる新入生には、決まって何ごとかが起きる。つまり彼らのほぼ半数が平均以下ということが、必ず起こるんです!もちろん諸君はこの話を聞いて笑うでしょうが、合理的に考えればそれは当たりまえのことだからです。しかし、感情的にはそうはいきませんー気持ちの問題となると、笑うどころではない。高校の科学のクラスではずっと一番とか二番(ひょっとすると三番ということも)でとおしてきて、しかもそこで平均以下の生徒など、うすのろの骨頂だと思っていたところへ、今度は君たち自身が平均以下なんだと突然気づく。それも諸君の半数がそうなのですから。これはひどいショックです。つまりそれは諸君の高校時代によくいた、あの頭の悪い連中と同じだといいことを、比較上意味しているのですからね。これはカルテクの大きな欠点で、この心理的ショックに耐えるのは至難のわざなのです。(物理の分かるコツ)

−−−−−−
凄い人ですね。改めて思います。
posted by Fukutake at 08:56| 日記