2019年08月16日

日記にみる日本人

「百代の過客」日記にみる日本人  ドナルド・キーン 関寿夫訳 
 講談社学術文庫 2011年

源家長日記より
 p185〜

 「家長は、後鳥羽上皇が、和歌はもとより、すべての学芸に秀でていたことを賞賛している彼は書いている。

 中にもわかの道はいひしらずとかや(いい知れずすぐれておられる)。かやうに申すはさしもなき事かなど人々思ぬべし(このように申すと、それほどでもないことを大袈裟にいうなどと人々は思うだろう)。されど御製どもおほくちり侍れば、たれもたれも見侍らんかし(けれども御歌が世間に広く散っているので、誰も見ることであろう)。

 院が管弦の道にも秀でていたことも、家長は讃えている。琴、笛、とくに琵琶の演奏には比類のない才能の持ち主であったと。また院は、季節ごとの遊びも大いに楽しみ、狩も好きであったが、「ものの命をたつ事つゆさせ給わず(生き物を殺すことは絶対になさらなかった)」という。また仏道にも深く心を寄せていて、「いまだわかき御心に十二人のそうをさだめて、不断の御読経たゆることなし(まだ幼少の頃から、十二人の僧を定めて、常に読経を絶えさせることがなかった)」と。
 仮に後鳥羽院が、『明月記』が書いているような、何等かの欠点を持っていたとしても、家長は、自分の腹の中だけに、それをしまっておいたにちがいない。
 後鳥羽院を描く筆つきに追従の嫌いはあっても、家長の日記には、読者を引きつける章句が少なくない。日記はまず御所の中の日常の描写に始まるが、その記述がまた鮮やかなのである。というのも、事柄の細部が、どう時代に書かれた他のどの日記よりも、はるかに生き生きと描かれているからである
 家長は、朝、庭を履いている下役の冠のゆがみ、殿上の小庭のあたりをあてもなくうろつく小舎人、えらいのはわれ一人とばかり、いかにもいばり返った小役人などの姿に、注意深い目を向けている。また作者は、主上に御膳を差し上げる時の気品の高いやり方にも感じ入っている。ところが、日本の他の日記作者と同じく、どのような食事が供されたのかは、残念ながら、彼は全く書いていない。そのようなことは、筆にする値打ちもないようなのである(食事の内容をことこまかに描写する中国人やヨーロッパ人と、そういうことに無関心な日本人との、なんたるちがい!)。

----
posted by Fukutake at 13:06| 日記

他(ひと)

「障子の中」 夏目漱石 岩波文庫 

他人との交渉
p94〜

 「私は何でも他(ひと)のいう事を真に受けて、凡(すべ)て正面から彼らの言語動作を解釈すべきものだろうか。もし私が持って生まれたこの単純な性情に自己を託して顧みないとすると、時々飛んでもない人から騙される事があるだろう。その結果陰で馬鹿にされたり、冷評(ひや)かされたりする。極端な場合には、自分の面前でさえ忍ぶべからざる侮辱を受けないとも限らない。
 それでは他(ひと)はみな擦れ枯らしの嘘吐ばかりと思って、始めから相手の言葉に耳も借さず、心も傾けず、或時はその裏面に潜んでいるらしい反対の意味だけを胸に収めて、それで賢い人だと自分を批評し、また其所(そこ)に安住の地を見出し得るだろうか。そうすると私は人を誤解しないとも限らない。その上おそるべき過失を犯す覚悟を、初手から仮定して掛からなければならない。或時は必然の結果として、罪のない他(ひと)を侮辱する位の厚顔を準備して置かなければ、事が困難になる。…
 私の僻(ひがみ)を別にして、私は過去において、多くの人から馬鹿にされたという苦い記憶を有(も)っている。同時に先方のいう事やすることを、わざと平たく取らずに、暗にその人の品性に恥を掻かしたと同じような解釈をした経験も沢山ありはしまいかと思う。
 他(ひと)に対する私の態度はまず今までの私の経験から来る。それから前後の関係と四囲の状況から出る。最後に、曖昧な言葉ではあるが、私が天から授かった直覚が何分か働く。そうして、相手に馬鹿にされたり、また相手を馬鹿にしたり、稀に相手に彼相当な待遇を与えたりしている。
 しかし今までの経験というものは、広いようで、その実甚だ狭い。ある社会の一部分で、何度となく繰り返された経験を、他の一部分へ持って行くと、まるで通用しない事が多い。前後の関係とか四囲の状況とかいったところで、千差万別なのだから、その応用の区域が限られているばかりか、その実千差万別に思慮を廻らさなければ役に立たなくなる。しかもそれを廻らす時間も、材料も充分給与されていない場合が多い。
 それで私はともすると事実あるのだか、またないのだか解らない、極めてあやふやな自分の直覚というものを上位に置いて、他(ひと)を判断したくなる。そうして、私の直覚が果たして当たったか当たらないか、要するに客観的事実によって、それを確かめる機会を有たない事が多い。其所にまた私の疑いが終始靄のようにかかって、私の心を苦しめている。」


-----
神経病にもなります。
 
posted by Fukutake at 13:05| 日記

2019年08月13日

悪者!

「巻頭随筆」 田中美知太郎 文藝春秋 昭和五十九年

<悪者さがし>(文藝春秋- 昭和五十二年一月号)

p281〜
 「何か事件があって、筋が入りくんでわかりにくいようなとき、これを単純明快にとらえる方法として。まず悪者をさがして、万事をこの悪者の仕業とするやり方がある。子供たちが話の途中で、どれが悪者かを聞きたがるのも、それさえ教えてもらえば、話はずっとわかりやすくなるという気持ちがありからだろう。

 刑事コロンボというテレビ番組が人気を集めたことがあった。私の幼稚な素人考えを述べることが許されるなら、これが楽しめる見ものになったのは、次のようなことから来ているのではないだろうか。これは最初に犯人が誰であるかを教えてくれる。だからわたしたちは、犯人さがしの労をはぶいてもらうことになる。これは推理ものの楽しみを半減させるものとも考えられるが、実際はそうではなく、あらかじめ答えを知らされているために、かえってわたしたちは、推理の筋道を簡単明快に理解できて、頭がよくなったような錯覚さえあたえられる。しかも刑事の相手にする人物は、いずれも社会の上流に位するエリート、成功者なのであって、すぐれた知力をつかって、必死の防戦を試みるから、そこには知的レスリングの面白さが出てくる。…純粋に知的な格闘を見せてくれる。そしてあまり風采のあがらない一刑事が、綿密な証拠あつめをして、知力のすぐれた相手をやはり同じ知力を用いて追いつめ、ついに敗北を認めさせるのであるから、この勝負は一般市民を満足させることにもなる。それは世の強者、エリートに対するかれらの勝利として、一種の復讐の喜びを感じさせることにもなるだろう。
 しかしながら、これは犯罪者を追いつめるプロセスに重点がおかれていて、いわゆる悪人退治そのものが主眼になっていないようである。…つまり(犯人の)敗北には選挙に敗れた有力候補者とか、作戦に失敗した将軍のようなところがないでもない。つまり悲劇的なのである。しめっぽく、みじめったらしいところのないのが、本来の悲劇の味だからである。
 わたしがここで刑事コロンボを登場させたのは、ただ次のことのためだったのである。何かのきっかけで悪人を決めてしまうと、もうそれからは聞く耳もたぬというようなやり方ではなく、相手にも好きな武器を選んで戦うことを許し、あらゆる理由と事実を吟味して、堂々と勝負をした上で、はじめて断罪すべきであるということを、いくらかわかりやすくするためである。しかし現在のわが国には、知的格闘の相手になるような堂々たる悪人はまだいないのかもしれない。」

----
某は本当に悪者か。
posted by Fukutake at 11:35| 日記